図1
解析に用いた観測点の分布図。長方形はインバージョン解析に用いた断層モデルを地表に投影したものを、星印は破壊開始点を示す。赤丸は、Hi-netの再検測による本震後約12時間の余震分布。震源メカニズムはF-netのモーメントテンソル逆解析及び、Hi-netのP波押し引き分布による。

図2
逆解析により推定された断層面上のすべり分布。

図3
観測波形と合成波形の比較。黒線と赤線はそれぞれ観測波形と合成波形を示す。

References



以前のバージョン
--主な違い--