作成日:2013/04/15 13:50

2013年04月13日 淡路島付近の地震による強震動


  2013年04月13日05時33分頃に淡路島付近を震源(深さ10km、マグニチュード6.0、気象庁による暫定値)とする地震が発生し、兵庫県淡路市で震度6弱を観測しました(気象庁発表)。防災科研は日本全国を対象とした強震観測網であるK-NET・KiK-netを運用しており、この地震についても、K-NET、 KiK-netでそれぞれ277点、242点、合計519点の強震記録をインターネット上で公開しています。以下では、これらの観測データから明らかになった強震動分布図を掲載いたします。なお、K-NET・KiK-netで記録された最大加速度はHYG026(K-NET五色)観測点の586gal(三成分合成値)でした。


  K-NET/KiK-netの地表観測点で観測された強震動(加速度)の伝播の様子はこちらです。
(動画は実際の20倍速です)


最大加速度・最大速度分布


・強震観測網(K-NET、KiK-net)により観測された地表での最大加速度(左図)及び最大速度(右図)の分布。



K-NET五色(HYG026)観測点の強震動波形


・K-NET・KiK-net観測点の中で最大加速度(586gal、三成分合成値)を記録したK-NET五色(HYG026)観測点の強震動波形。


K-NET五色(HYG026)観測点の速度・加速度応答スペクトル


・K-NET・KiK-net観測点の中で最大加速度(586gal、三成分合成値)を記録したK-NET五色(HYG026)観測点の速度・加速度応答スペクトル。


リアルタイム震度上位10件


・HYG024(K-NET東浦)/HYG025(K-NET洲本)/HYG026(K-NET五色)/HYGH01(KiK-net三原)/WKY003(K-NET有田)/HYG023(K-NET明石)/KGW002(K-NET内海)/OSK010(K-NET泉南)/HYG027(K-NET南淡)/HYGH11(KiK-net山東)

・リアルタイム震度は防災科研方式[功刀・他(2008)]により計算しています。


観測点最大加速度上位10件
No 観測点名 最大加速度 画像リンク
1 K-NET五色(HYG026) 586gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
2 K-NET洲本(HYG025) 470gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
3 K-NET東浦(HYG024) 373gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
4 KiK-net三原(HYGH01) 190gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
5 K-NET明石(HYG023) 161gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
6 K-NET泉南(OSK010) 139gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
7 K-NET内海(KGW002) 132gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
8 K-NET有田(WKY003) 129gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
9 K-NET南淡(HYG027) 119gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
10 KiK-net山東(HYGH11) 118gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル


・最大加速度は三成分合成値です。


最大加速度・最大速度の距離減衰



・横軸は気象庁震源位置からの距離、縦軸は最大加速度(PGA)、最大速度(PGV)です(水平2成分のうちの大きい値)。
・太い破線は司・翠川(1999)によるMw5.8(F-net)、深さ15km(気象庁4/13 11:30発表の値)の地殻内地震での経験的距離減衰式を、細い点線は標準偏差の範囲を示しています。
・PGVの観測値は、検層データを基にVs=600m/sの「硬質地盤」での相当値に換算しています。



参考文献:
・功刀 卓・青井 真・中村洋光・藤原広行・森川信之, 2008, 震度のリアルタイム演算法, 地震2, 60, 243-252.
・司宏俊・翠川三郎, 1999, 断層タイプ及び地盤条件を考慮した最大加速度・最大速度の距離減衰式, 日本建築学会構造系論文集, 523, 63-70.