作成日:2010/12/02 11:32

2010年11月30日 小笠原諸島西方沖の地震による強震動


  2010年11月30日12時25分頃に小笠原諸島西方沖を震源(深さ480km、マグニチュード6.9、気象庁による暫定値)とする地震が発生し、関東地方や東北地方で震度3を観測しました。防災科研は日本全国を対象とした強震観測網であるK-NET・KiK-netを運用しており、この地震についても、K-NET、 KiK-netでそれぞれ201点、230点、合計431点の強震記録をインターネット上で公開しています。なお、K-NET・KiK-netで記録された地表の最大加速度はCHB014(K-NET姉崎)観測点の34gal(三成分合成値)でした。


  K-NET/KiK-netの地表観測点で観測された強震動(加速度)の伝播の様子はこちらです。
(動画は実際の20倍速です)


最大加速度・最大速度分布


・強震観測網(K-NET、KiK-net)により観測された地表での最大加速度(左図)及び最大速度(右図)の分布。



K-NET姉崎(CHB014)観測点の強震動波形


・K-NET・KiK-net観測点の中で地表の最大加速度(34gal、三成分合成値)を記録したK-NET姉崎(CHB014)観測点の強震動波形。


K-NET姉崎(CHB014)観測点の速度・加速度応答スペクトル


・K-NET・KiK-net観測点の中で地表の最大加速度(34gal、三成分合成値)を記録したK-NET姉崎(CHB014)観測点の速度・加速度応答スペクトル。


リアルタイム震度上位10件


・KNG201(K-NET平塚ST1)/KNG202(K-NET平塚ST2)/KNG205(K-NET平塚ST5)/CHB014(K-NET姉崎)/KNGH10(KiK-net横浜)/KNG206(K-NET平塚ST6)/IBRH11(KiK-net岩瀬)/TCG009(K-NET今市)/FKSH12(KiK-net平田)/TCG008(K-NET鹿沼)

・K-NET平塚ST1(KNG201)、K-NET平塚ST2(KNG202)、K-NET平塚ST5(KNG205)、K-NET平塚ST6(KNG206)は海底観測点です。

・リアルタイム震度は防災科研方式[功刀・他(2008)]により計算しています。


観測点最大加速度上位10件
No 観測点名 最大加速度 画像リンク
1 K-NET平塚ST1(KNG201) 80gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
2 K-NET姉崎(CHB014) 34gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
3 K-NET平塚ST2(KNG202) 31gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
4 K-NET今市(TCG009) 29gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
5 K-NET平塚ST5(KNG205) 26gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
6 KiK-net横浜(KNGH10) 25gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
7 K-NET鹿沼(TCG008) 24gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
8 K-NET平塚ST6(KNG206) 24gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
9 KiK-net岩瀬(IBRH11) 24gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル
10 KiK-net平田(FKSH12) 24gal 強震動波形 速度・加速度応答スペクトル


・最大加速度は三成分合成値です。

・K-NET平塚ST1(KNG201)、K-NET平塚ST2(KNG202)、K-NET平塚ST5(KNG205)、K-NET平塚ST6(KNG206)は海底観測点です。



参考文献:
・功刀 卓・青井 真・中村洋光・藤原広行・森川信之, 2008, 震度のリアルタイム演算法, 地震2, 60, 243-252.