即時公開データ

地震計から回収した直後のデータをダウンロードします。


1.地震速報一覧から地震を選択します

地震速報のリストからダウンロードしたい地震を選択します。指定の観測点数以上の地震だけを表示したい場合は、データ種別右横のチェックボックスをチェックし、観測点数のプルダウンメニューを選択します。また をクリックすると地震速報一覧を最新の状態に更新します。


地震を選択すると、その地震で収録された強震記録が強震記録一覧に表示されます。また地震速報一覧の右側にその地震の強震記録を記録した観測点の地図が表示されます。観測点数が6点以上の地震の場合、一覧の右側にその地震の各種解析画像のサムネイルが表示されます。
注)1つの「地震発生時刻」に複数の地震が含まれる場合があります。

2.選択した地震の強震データを一括ダウンロードします

をマウスでクリックすると、その地震で収録された強震データを1個のtar.gzファイルに圧縮してダウンロードします。このファイルのサイズは大きいもので数10MBありますので、全てを必要としない方は、3番以降の手順で必要な強震データを選んでダウンロードしてください。

3.強震記録を選択します

強震記録一覧に表示された強震記録をマウスで選択すると、その観測点で観測された加速度波形と速度応答スペクトルグラフのサムネイルが表示されます。

4.選択した強震記録の、全チャンネルの強震データをダウンロードします

をクリックすると、強震記録一覧で選択した強震記録の全チャンネルの強震データを、1個のtar.gz ファイルに圧縮してダウンロードします。

5.その他

正式公開データ
すでに正式公開データが公開されている地震は、地震選択&ダウンロードのページからダウンロードしてください。

データ品質について
即時公開データは自動的に公開されるデータです。品質チェックが行われないため、地震以外のノイズによる波形、強震計の故障による波形、強震計の動作試験による波形などが含まれる場合があります。

一覧の並び替え
地震一覧または強震記録一覧の青い字で表示された項目名をクリックすると、その項目をキーに 一覧を並べ替えます。もう一度クリックすると、逆順に並べ替えます。

サムネイルの切り替え
サムネイルの下にあるプルダウンメニューを切り替えると、画像の種類を変更することができます。
※ペーストアップ波形は、震源が自動決定された場合にのみ、作成されます。

サムネイルの拡大表示
サムネイルをクリックすると、別ウィンドウに拡大表示します。このウィンドウの左上にあるPostScript file downloadをクリックすると、この画像のポストスクリプトファイルをダウンロード できます。

ダウンロードファイルのフォーマットについて
ボタンをクリックしてダウンロードするファイル形式は、で選択します。

動画表示
クリックで表示される動画選択画面で、動画種類を選択すると、地震一覧で選択した地震の動画の表示を開始します。 ただし、まだ動画がない場合はこのボタンは押せません。→ 詳細な解説

マニュアル目次 閉じる