はじめに

 本テキストは、当Webサイト等で公開されている強震記録の利用者等が、記録の理 解を深める為に計画され、作成されたものである。その内容は、強震記録の扱 いに限定したものではなく広く地震動の基礎を網羅したものとなっており、地震動 の一般的な学習に役立つ事を心がけた。

 テキストは、3部構成となっている。

 第I部は、強震動を学ぶ為に必要となる地震学の基礎を扱っている。ウエッブテキストの特徴として、テキストの内容を随時更新する事は可能であるが、第I部はその必要性を有さないであろう。 第II部は、強震動をどのように表現するかを主体にまとめたものである。また、第I部で扱いきれない課題についても、ここに含めた。 第III部は、かなり専門的であるが辞書的に役立つものとなろう。なお、このテキストは、およそ半年間で作られたものであり、過不足のある状態でこの版を終了せざるをえなかった。従って、第II部と第III部は、今後、改訂を続ける事により完成されるものである。

 最後に、本テキストは、第I部を大竹政和が、第II部とIII部を木下繁夫が編集した 。執筆は、第I部を大竹政和と村松郁栄、第II部を村松郁栄、木下繁夫、福島美光、 佐藤春夫、香川敬生、そして、第III部を藤原広行が担当した。また、事務とりまとめ は古瀬慶博が担当した。


戻る