ユーティリティプログラム

ユーティリティプログラムをダウンロードします。
Strong Motion Data Analysis Ver.2 (SMDA2)

  • 概要
  • SMDA2は、強震観測網(K-NET、KiK-net)で公開している強震記録を表示、解析するためのGUIツールです。

    SMDA2の特徴
    • 強震記録の読み込み、波形表示(ファイルフォーマットはK-NETアスキー、K-NETバイナリ、WIN32に対応)
    • 強震記録の印刷
    • 強震記録の一覧表示、地図表示、ペーストアップ表示
    • 強震記録ヘッダ部分の表示、編集、保存
    • 各種フィルタ処理(積分、微分、ローパス、ハイパス、バンドパス)
    • 各種スペクトル解析(フーリエ、パワー、エネルギー、応答)
    • 計測震度の計算


  • 動作環境

  • OS: Microsoft Windows 7/8/10

  • インストール方法

  • 下記ダウンロードボタンを押しインストーラをダウンロードしてください。
    インストーラを実行するとSMDA2のインストールが開始されます。
    ※ダウンロードをご利用いただくにはユーザ登録が必要です。

  • 著作権について

  • SMDA2の著作権は、防災科学技術研究所が所有します。
    使用、転載、及び配布は自由ですが、アーカイブの変更は禁止します。
    なお、このプログラムの使用によって生じた損害等については、防災科学技術研究所は一切責任を負いません。



NIED 国立研究開発法人防災科学技術研究所
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.